徳丸研究室


徳丸研究室 http://tokulabo.web.nitech.ac.jp/

徳丸 宜穂 准教授 (Tokumaru, Norio)

 
徳丸研究室の専門分野は比較技術経営論です。

 徳丸研究室は、国際比較の観点から日本企業の技術経営の特質を把握することをテーマとしています。組織管理と人材管理の実態が実証研究の焦点ですが、特に、形式的なルールのみならず、職場レベルでのその運用の実態に踏み込んで明らかにすることを目指します。

 また、現時点での他国企業との「違い」を明らかにすることも大切ですが、それ以上に、経済の金融化・グローバル化に対する対応方法の「違い」を明らかにすることが重要だと考えて取り組んでいます。具体的には、北欧およびアジアのIT関連企業を対象とした調査研究を行っています。

高校生・受験生の皆さんへ

 日本企業の製品開発管理の仕組みを明らかにする研究をしています

 私たちの身の回りには、日本生まれの製品も外国生まれの製品もありますね。日本生まれの製品はしばしば、品質が高く設計が細やかだと言われています。また例えば、ヨーロッパ生まれの製品はシンプルでデザイン重視のものが多いですね。このように、工業製品にも「お国柄」があるのはどうしてでしょうか?その一大原因は、製品を開発する仕事の進め方や、それを担う技術者の管理の仕方が国によって違っているという事実にあります。
 自分の強み・弱みがどういう仕組みから生じているのかをよく知ることは、個人にとっても大事なことですが、企業や社会にとっても大事なことです。鏡がないと自分自身が見えないように、国際比較という鏡を使ってはじめて、「日本企業の製品開発管理の仕組み」という自画像を明らかにすることができます。これが、研究室の目下の目標です。