越島研究室


越島研究室

越島 一郎 教授 (Koshijima, Ichiro)

 越島研究室の研究分野は,プロジェクト・マネジメントです.

 この分野では,実務家の経験的実践が先行し,理論的裏づけが後追いをしています.これは,プロジェクト活動自体がプロジェクト・エンジニアの脳内の仮想世界(サイバースペース)の中で行われ,第3者が外から観察することが困難なためです.
 そこで,エンジニアが多様な知識を理解して他者と共有する方法や,自他の行動に”意味を見出す”ための手法の研究を行っています.

 また近年は,企業が社会に貢献しつつ永続性を持つためには,企業全体を管理する必要があります.このため,サステナブル志向のマルチプロジェクト・ベースの経営に関するフレームワークの研究を通して,実践的に使える管理手法の開発を目指しています.
 この成果は,技術,情報,経営,投資など広く企業活動に目を配りながら,高い視点で全体観を持ち,企業活動間のバリューチェーンを最適統合できる職業専門能力の育成に活用できると考えています.

高校生・受験生の皆さんへ

 プロジェクト・マネジメントについて研究しています

 高 層ビル,自動車,航空機から身近な携帯電話やゲーム機,さらにはゲームソフトに至るまで,皆さんの身の回りにあるモノは規模が大きく複雑で,更に状況に合 わせて機能が入れ替わる複雑さを有しています.このため,どれだけ優秀な技術者であっても1人では到底目的を作り出すことはできません.

 古くから,“3人寄れば文殊の知恵”と言われています.これは,3人が力を寄せ合えば,天才にも匹敵する知恵を出すことができることの喩です.しかしな がら,ただ集まっただけでは,なかなかこの喩どおりに全員の力を活用できないことは,みなさんも経験済みであると思います.

 研究や生産活動に直接活用とされる,機械工学や電気・電子工学等の工学的専門技術に対し,“プロジェクト・マネジメント”は,夫々の専門を生かすために必要な“人(技術),物,資金,時間”を通して,活動全般を調整するための技術です.

 皆さんも,1人では出来ない大きな仕事を動かす能力を身に着けて見ませんか?