渡辺研究室

渡辺研究室

渡辺 研司 教授 (Watanabe, Kenji)

サプライチェーンや通信ネットワークなどを介して、組織間の相互依存性が急増するネットワーク型社会おける事業継続マネジメント(BCM)の確立と実践のあり方に関する研究を推進しています。

研究アプローチは大学内にとどまることなく、国内外の企業、行政機関、NPO、研究者などとの議論やワークショップを通じて、実社会の状況と乖離しない研究を行い、実効性の高い社会貢献を目指しています。研究の成果は、個別の企業の経営のみならず、業界、都道府県、中央政府、ISO(国際標準化機構)から発行されているガイドラインや規格標準にも反映されています。

また、現代社会・経済はますます依存性を高めるICT(情報通信技術)に関するリスクの定義・評価・マネジメント方法の開発にも取り組んでいます。その成果は、我が国の重要インフラ防護(CIP)における情報セキュリティの分野での議論や指針にも反映されています。

高校生・受験生の皆さんへ

 変化するリスクとの闘いと想定外事象への備えについて研究しています
企業、政府機関や自治体の活動を取り巻く様々なリスクを発見・分析しながらどのように対処すべきか、組織経営の視点で研究をしています。

また、大規模地震、洪水、大型台風といった自然災害や、火災事故、情報システム障害、テロ攻撃といった人的災害などが発生した場合でも、その企業に求められる商品・サービスを提供し続けるためにはどのような備えをするべきか、についての研究も進めています。

このような研究で得られた結果は、個別の企業の経営のみならず、業界、都道府県、中央政府、ISO(国際標準化機構)から発行されているガイドラインや規格標準にも反映されています。

横山研究室

横山研究室 http://www.se.nitech.ac.jp/

横山 淳一 教授 (Yokoyama, Junichi)


 横山研究室(システム工学[Systems Engineering]研究室)は「問題解決とシステムづくり」をめざしています.当研究室の卒業生の多くは,システム・エンジニアとして活躍しています.

 私たちが研究対象とする具体的なシステムは,産業界のシステムだけではなく,人間が関係するあらゆる分野に及びます.

  とくに,10数年前から,私たちの健康で幸せな生活を守っていくための保健・医療および福祉(介護)分野でのシステムづくりに重点的に取り組んでいます. 地方自治体,医師会,歯科医師会,看護協会,社会福祉協議会,NPO,等との連携・協力により,「地域の,地域による,地域のための」地域保健医療福祉シ ステムの構築にむけて,理論面のみならず実践面にも重点を置いた研究活動を展開しています.

研究室の学生による紹介

  Mくん  男 22歳 福井県立武生高校出身

 横山研のゼミは,横山先生が行うゼミと院生が行うゼミがあります。システム工学・情報システムの他にプレゼンテーションや図解など,研究にはもちろんのこと,卒業後も役に立つことも学んでいます。

 研究テーマは保健・医療・福祉を中心に世の中の様々なものを対象としたシステムづくりです。システムの問題を探し出し,解決していくということなので,ゼミや研究を行うことで自然に問題意識が持てるようになります。

 ゼミ室はパソコンも机も充分にありますし,くつろぐスペースもあるので快適な環境です。また,先輩,後輩の仲も良く,時々スポーツや飲み会などを楽しんでいます。ゼミ旅行やOB会ではOB・OGとの交流もあります。

 一言で言うと横山先生は情報な人です。親しみやすく楽しい,みんなが尊敬する先生です。

高校生・受験生の皆さんへ

 社会・産業界の問題解決とシステムづくりを研究しています

 より良い姿(あるべき姿:目標)と現実(現状の姿:実態)とのギャップ(問題)を解決していくためのシステムづくりが、私たち「システム工学研究室:Systems Engineering研)の主な研究課題です。

 このシステムづくりは、PLAN(計画)→DO(実施)→CHECK(評価)→ACT(改善)からなる一連の手順により推進されていきます。とくに私た ちは、人に優しい、人間関係を大切にしたシステムづくりを総合的、効率的かつ効果的に推進していくための「システム的なものの見方、考え方、とらえ方、進 め方、作り方」等についての理論的および手法的な研究開発も行っています。

 また、横山研究室の研究対象は、産業界のシステム(問題・課題)のみならず、これからの高齢社会においてとくに注目されている保健・医療および福祉・介 護分野における様々なシステムづくり(問題解決)に対しても、行政、医師会、関連諸団体との連携・共同により創造的かつ意欲的に取り組んでおり多くの研究 成果を得ています。

橋本研究室

橋本研究室 http://process.web.nitech.ac.jp/

橋本 芳宏 教授 (Hashimoto, Yoshihiro)

 橋本研究室では「システム制御論を基本に、ものをうまく動かすためのシステム作り」をテーマに多岐に渡る研究を行っています。

研究内容は、(1)制御システムにおけるサイバーセキュリティ対策の強化、(2)プラント運転支援システムの開発、(3)視覚障害者に対する学習支援システムの開発などです。

高校生・受験生の皆さんへ

 制御技術を中心に、様々な問題に取り組んでいます。

制御技術とは「うまく動かすための考え方」で、あらゆる対象に適用できます。 制御技術の発展とともに、高品質、高効率な製造、運用が可能となり、エアコン、車など身近な商品も高機能なものに進化してきました。

しかし、近年、私たちの日常生活を支えている商品や重要インフラなどの制御システムを狙ったサイバー攻撃が大きな社会問題となりつつあります。

情報システム、物理的な機器に対して、サイバー攻撃も考慮したセーフティとセキュリティを向上させることが重要な課題です。

プロセスシステム工学研究室では、このような課題に対し、制御システムにおける対策や適切な対応をとれる組織や人材を育成する仕組みの構築なども研究しています。

いま、自分が興味を持っている問題は、制御という観点からアプローチすると、どんなふうに考えられるのか、プロセスシステム工学研究室でいっしょに考えてみませんか。