中出研究室

中出研究室

中出 康一 教授 (Nakade, Koichi)


世の中には,通信システム,生産システム,計算機システム,交通システムなど,様々なシステムが存在します.中出研究室の研究領域である“オペレーションズ・リサーチ”(OR)は,このようなシステムを効率的に運用するために,システムを数理モデル化し,解析を行うものです.  中出研究室では,特に,待ち行列理論,確率過程などの理論を用いて,主に生産・物流・在庫システムを確率モデルとして定式化し,作業待ち時間,スループット,在庫量などの解析やシステムの最適化に関する研究を行っています.
また,生産ラインにおける作業者の配置,勤務表作成など様々な問題について,準最適 なスケジュールを求めるアルゴリズムに関する研究も行っています.

研究室の学生による紹介

 Hくん  男 22歳 私立東海高校(愛知県)出身>

中出研のゼミは、週1~2回あり、確率論やC言語とアルゴリズム、スケジューリングなどを勉強します。自分が担当したところを発表しながら進めていきます。 研究分野は、待ち行列理論や確率論を用いた生産システム解析、スケジューリングなどで、自分が興味をそそられたテーマを研究することができます。
研究室は、冷蔵庫、コンロ、流し台完備で、三人掛け皮調ソファーもあり、一人一人に勉強机とパソコンが与えられます。自由気ままな雰囲気で居心地はかなりよいです。
中出先生は、頭の回転がとても速い先生ですが、角のない接しやすい感じの先生です。

高校生・受験生の皆さんへ

 数学を用いてシステムの効率化を図る研究を行っています

中出研究室の研究分野はオペレーションズ・リサーチ(OR)です。ORは、生産、通信、交通などのシステムを数学を用いて分析し、効率的にする手法です。 例えば高校の時間割は、さまざまな条件をもとに組まれています。クラス単位で一週間に国語が5回が必要、先生が同じ時間には1つの授業しか担当できない、音楽教室は同じ時間には1つのクラスだけといった条件など。これらの条件をすべてのクラスでみたした時間割を短時間で組む手法にORが用いられます。

別の例として、切符売り場を考えましょう。以前は一つの窓口に一列ずつに並んでいましたが、前の人が切符を買うのに手間がかかると他の列が先にはけてしまい、待ち時間に不公平感がでます。最近では、一列に並んで待つ所が増えました。先に来た人が先に窓口に並ぶことができるため、客の待ち時間の効率化が図 れます。この待ち時間の分析にもORが用いられます。
問題を見つけ、数学を用いて解決するのがORです。

徳丸研究室

徳丸研究室 http://tokulabo.web.nitech.ac.jp/

徳丸 宜穂 教授 (Tokumaru, Norio)

徳丸研究室の専門分野は比較技術経営論です。 徳丸研究室は、国際比較の観点から日本企業の技術経営の特質を把握することをテーマとしています。組織管理と人材管理の実態が実証研究の焦点ですが、特に、形式的なルールのみならず、職場レベルでのその運用の実態に踏み込んで明らかにすることを目指します。

また、現時点での他国企業との「違い」を明らかにすることも大切ですが、それ以上に、経済の金融化・グローバル化に対する対応方法の「違い」を明らかにすることが重要だと考えて取り組んでいます。具体的には、北欧およびアジアのIT関連企業を対象とした調査研究を行っています。

高校生・受験生の皆さんへ

 日本企業の製品開発管理の仕組みを明らかにする研究をしています

私たちの身の回りには、日本生まれの製品も外国生まれの製品もありますね。日本生まれの製品はしばしば、品質が高く設計が細やかだと言われています。また例えば、ヨーロッパ生まれの製品はシンプルでデザイン重視のものが多いですね。このように、工業製品にも「お国柄」があるのはどうしてでしょうか?その一大原因は、製品を開発する仕事の進め方や、それを担う技術者の管理の仕方が国によって違っているという事実にあります。
自分の強み・弱みがどういう仕組みから生じているのかをよく知ることは、個人にとっても大事なことですが、企業や社会にとっても大事なことです。鏡がないと自分自身が見えないように、国際比較という鏡を使ってはじめて、「日本企業の製品開発管理の仕組み」という自画像を明らかにすることができます。これが、研究室の目下の目標です。

竹野研究室

竹野研究室

竹野 忠弘 准教授 (Takeno, Tadahiro)

 竹野研究室の研究領域は,経済発展政策論,製造業研究です.研究目的は「製造業の経営戦略の研究による雇用開発政策の検討」です.

 研究分野は,1)雇用開発政策研究(技術者・技能者人材市場の調査研究,人材開発・技能者教育研修制度の比較研究),2)製造業技術関連の研究(日本ア ジア地域における自動車製造業工程間分業戦略の研究),3)製造技術変動と部品サプライヤー産業研究,4)中京圏産業蓄積と中堅企業経営戦略の研究,5) 欧州の産業蓄積の研究,6)技術系出身経営者事例研究,です.

 竹野研究室で研究を進めるには,英語読解力,経済学と経営学の基礎学力が必要です.

高校生・受験生の皆さんへ

 グローバルな企業活動と町工場の活躍について研究しています

 「重棯心棒」。ご当地での講演会後のサイン会で、ある先生に書いていただいた言葉です。

 大樹が年輪を重ねるように、中京圏では「土木石鉄」という土台の上に農工商の産業が蓄えられてきました。繁栄に慢心することなく、日々弛むことない、カイゼンの魂。この魂は、農地でも製造現場でも、そしてオフィースでも活きています。

 竹野研究室では、製造業の経営戦略と地球的な規模での産業人材ネットワークづくりについて、この人類史上最長の産業蓄積地域を素材に研究中です。そして現在「欧州の逸品技術をもったパートナーさがし」がテーマです。

 コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズやシェイクスピアの戯曲は謎解きの清涼剤。地理や歴史の知識を手がかりに政治経済学を使って探索を続けています。